学生がガチにお金を借りる方法とは? | 学生におすすめな学生ローン3つ

更新日:

 

口座残高とか手持ちのお金がやばい時ってあせりませんか?

ねこくん
めっちゃあせる…

そんな時、学生ローンでお金を借りるという方法があるんです。

その学生ローンを、学生アンケートで人気な順に紹介しています。

お金が借りれる事がわかるだけで、不思議と焦りは落ち着きますよ!

学生がお金を借りる時のおすすめキャッシング会社学生に1番人気な学生ローンランキングへ ※当社調べ

 

学生が「親ばれ・友ばれ・学校ばれなし」にお金を借りれる学生ローン

チェックポイントこっそり「お金を借りたい」学生のあなたにおすすめ
学生がお金を借りる時のおすすめキャッシング会社実際に使った学生に人気な「親ばれなしでお金を借りれる」学生ローンランキングへ ※当社調べ

ねこくん
やばい、お金がない…
いぬくん
ネコくんどうしたの?

 

ねこくん
お金がピンチで少しだけ借りようと思ってるんだけど、学生でもこっそりお金をすぐに借りれるとこってあるの?
いぬくん
あるよ、今はプロミスなんかは学生でもスマホだけですぐに借りれるよ!

収入が少ない学生だからこそお金を借りる会社を間違えると借りれなかったり、親や学校にばれて大変になったりします。

しかし、きちんと選べば学生でも「安心にこっそり借りれる・返済しやすい」会社からお金を借りる事が出来るのです。

ねこくん
本当に!?

そこでこの記事は、管理人と学生が使ってみて「安心にこっそり借りる」にはどうすれば良いのか具体的に紹介しています。

 

 

★学生が「安心・安全」・「親ばれなし」にお金を借りれる学生ローンの人気ランキング

学生ローンのおすすめランキング社会人メインのランキングとは異なり、学生がお金を借りる場合は前提条件が全く異なります
当サイトのランキングは、学生による学生でも「安心にこっそり即日にお金を借りれる」とガチに人気な学生ローン・キャッシング会社を比較・紹介(当社調べ)していますので他のランキングより参考になりますよ!(交際費・旅費など自由に使えます)

ねこくん
なるほど、学生向けのガチなランキングか

学生のカードローンランキング1位 プロミス
スマホだけで簡単に親ばれなしですぐに借りれて、1,000円から繰り返し利用できる点が学生に人気

「プロミス」は学生への貸付実績も多く保証人もいらないので、学生でもバイト等をしていれば簡単に申込めて・こっそり借りれて・すぐ使えます

スマホだけで簡単に申込出来る
プロミス学生用公式ページを見てみる

申込にはバイトなど「安定した収入」が必要です
三井住友フィナンシャルグループで「安心」です

チェックポイント1スマホだけで簡単申込み:50万円まで給与明細が不要なので、スマホと身分証があればで簡単に申込み出来ます

アプリローンに対応しているので、借入・返済・明細照会もスマホで出来てしまうのでかなり便利です。

※申込から実際にお金を借りるまで最短1時間程度(申込む時間によります)です。
尚、申込金額は10万円までにしておきましょう(10万円以上は審査厳しくなります)

いぬくん
身分証明は申込ページでスマホで写真を撮って送ればいいんだよ、スマホを契約する時と似た感じだよ

チェックポイント3使いやすいポイント:限度額の中であれば1,000円ずつから繰り返し利用可能です

プロミスなら限度額内で1,000円ずつから繰り返し利用可能なので、月末などお金のやりくりが苦しい時にはめちゃくちゃ便利ですよ!(月末の1,000円の貴重さはすごいですよね…管理人も何回も助かりました)
尚、繰り返し利用できない学生ローンもあるので要注意です…

ねこくん
何回でも借りれるのか…これ何気にすごい助かるな、いっつも家賃とかスマホ代がキツイのよね…

「三井住友銀行かジャパンネット銀行」に口座があれば、審査通過後、24時間365日最短10秒でお金を振込んでくれます。(メンテナンス日等は除きます)
その他の銀行でも当日振込み受付時間内(平日の9:00-14:50)ならすぐ(最短10秒)振込んでくれます。

管理人も使ってますがこのプロミスのサービスはすごい便利で、急にお金が必要(遊ぶお金や交通費・旅行費用)になった時すぐに借りれるメリットは非常に大きいです。

いぬくん
プロミスならではの特徴で、急に飲みに行くことになっても銀行の営業時間を気にする事なくすぐにお金を借りれるよ

③初めての利用なら30日間無利息です(メール登録とWeb明細を利用するだけでOK)
無駄な利息を払う必要はないので、返せるアテがあればさっさと返済してしまえばお金を単純に先借りしただけになってめちゃくちゃお得です。

ねこくん
すげー、30日無利息も対応しているのか!? 60日でもいいけどな!

チェックポイント1ばれないポイント:スマホやPCで申込む事で「誰にもばれずにこっそり借りれます」

☆学生がお金をばれない様に借りる為の3つのポイント
①公式HPから申込み、契約方法「フル入力でお申込み」を選ぶ
②審査通過後の返済方法、「ATM」か「口座振替返済」の内「口座振替返済」を選択
③「口座振替返済」を選択して、カード発行なしを選択
④在籍確認は個人名での確認なのでいつの間にか終わっている

上記申込で、ばれる「原因」である「郵送物」がなくなるのでばれずにこっそりキャッシング可能なのです。

もちろん、キチンと返済をすれば誰にも連絡は行かないので、親バレ、学校バレ、就活先にばれる事はありません。(実際に管理人も借りていましたが誰にも連絡はなかったです)

いぬくん
プロミスならスマホだけでお金を借りれる(振込みしてくれる)ので、一番ばれる郵便物をなくせるんだよ!

プロミス学生用公式申込み
ページを確認する
プロミス

即日融資はもちろんですが、24時間振込サービスなどで、利便性は一番高いです!(銀行系は基本的に即日振込はないです
申込む時間によっては翌日になる場合もあります。

女性オペレーターで申込をしたい方はこちら
男性も利用できます

 

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③

学生に人気なカードローン2位学生がお金を借りるなら「はじめてのアコム
50万円まで給与明細の提出不要&スマホアプリが充実していて、初めて借りる学生に人気

楽天銀行に口座を持っている学生ならだんぜんおすすめです。
なぜかと言うと アコムは楽天銀行なら24時間最短1分でお金を振込みしてくれるからです。

ねこくん
楽天で買い物もよくするし、これはいいかも…

いぬくん
楽天もそうだけど、色々な引き落としを楽天銀行にしているなら残高が不足していてもすぐに振込んでくれるのですごい便利だよ

学生がスマホで簡単に申込める
アコム公式サイトを見てみる
即日に借りれるアコム三菱UFJフィナンシャル・グループで「安心」です

チェックポイント1簡単申込み:50万円までなら給与明細が不要なので、スマホと身分証だけで簡単に申込み出来ます
⇒50万円まで明細は不要ですが、学生は申込み時の限度額は10万円までにしておきましょう。
\_( ・_・)ハイ ココテストニデマスヨー(10万円を超えると審査通過しにくくなります)
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要になります

チェックポイント2ばれないポイント:スマホから申込む事で「誰にもばれずにこっそり借りれます」

☆申込み時に以下の2点をチェックするだけでOKです
①アコムカード(キャッシングカード)受取る場所を「店舗かローン契約機で受け取る」と言う項目にチェック
②利用明細をWeb確認すると言う項目にチェック

この2点だけ注意すれば、郵送物がなくなるので誰にもばれずにキャッシング可能なのです。

ねこくん
なんか簡単そうだな、これなら俺でもできそう!

いぬくん
そうだね、ばれずにお金を借りるのってそんなに難しくないもんだよ

チェックポイント3学生に優しいポイント:卒業時に全額返済しなくともOKです

⇒借りる時、返済する時分からない事があってもメール・電話で非常に親切に教えてくれます、実際に管理人も初めて借りたのは色々丁寧に教えてくれた「アコム」でした。
※申込は20歳以上でバイトなどで安定した収入が必要です!

学生用アコム
公式申込みページで詳細を確認する
アコムで金利0円でお金を借りる

即日融資可能です
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

 

 

楽天銀行スーパーローン
楽天IDがあればそのまま申し込みできるので簡単に申し込めます

楽天会員ランクに応じて審査の優遇が受けれらる点が学生に人気となっています!※必ず優遇されるとは限らないですが…
なかなか優遇条件を公開しているカードローンはないので、楽天ランクがシルバー以上の学生は検討必須ですよ。
※パート・アルバイトでもOK(満20歳以上60歳以下の方)

→これですね(公式HPより抜粋)楽天ランクで楽天銀行スーパーローン

 

 

楽天会員ランクで審査優遇の
楽天銀行スーパーローン
学生用公式ページへ
低金利な楽天銀行スーパーローン必ず審査優遇されるとは
限らないのですが、
夢はありますよね♪

チェックポイント1学生にうれしいポイント:入会(カード発行まで)するだけで楽天ポイント1,000ポイント獲得!なので、小物買ったりめっちゃくちゃ嬉しかったです。

いぬくん
楽天で買い物する事が多いので、この1,000ポイントはいいね!

ねこくん
入会だけでくれるから太っ腹だね

審査通過してカードが発行されれば、カードローンを使わなくとも1,000ポイントもらえます。

なので、楽天のセールで掘り出し物を買って、メルカリで売れば1,000円以上になるのもあるのでうまく使えばめっちゃお得やあ ('Д')

 

チェックポイント1お得なポイント:カードローンを使うと楽天ポイントがもらえます

ねこくん
入会でポイントくれた上に、実際に使ってもポイントくれるとか! 

加入月の翌月末時点の利用残高に応じて、楽天ポイントがもらえるのでちょっとうれしいですね。
→他サイトで31,000ポイントって書いてあるとこもありますが、そこまでもうらうにはかなり高い条件があり普通は無理なので、ポイントがちょっともらえる、の認識にしておきましょう(笑)

ちなみに20万円~30万円の残高で500ポイントもらえます。
※申込時に「楽天会員情報を引き継」ないしは「楽天ポイント口座を登録」した方が対象。
※有効期限が付与日の月末から15日間の期間限定ポイント(1回だけ)として付与されますので、期間には注意が必要です。

 

チェックポイント1最終的には低金利に楽天銀行スーパーローンは継続して利用すると金利がだんだんと下がっていくので、社会人になっても使えるカードです

銀行系のカードローン(スーパーローンは楽天銀行の商品名です)だけあって、最低金利は1.9%になります♪

なので、育てる?楽しみもあるカードといっても良いかもですね。

尚、最初からこの金利が適用される訳ではなく、実績を積み重ねてだんだんと条件がよくなっていく事でたどり着く金利です。
→にしても、フリーローンで1.9%なのでこれはかなり実用性が高く日常使いできると思いますよ。

1.9%とはいわずとも2%位までになれば、ピンチの時にお金を借りる所から普段から利用し買い物や旅行を楽しむ、目的自由なカードローンとしてもかなり使えるカードになるので、継続して使いたい方にはこの楽天銀行スーパーローンはかなりおすすめです!

 

スマホと楽天IDで申し込める
学生用スーパーローン公式申込みページへ
低金利な楽天銀行スーパーローン

 

学生お金借りるイメージキャラひらめき君④

 

 

ねこくん
3社みたけど会社によって色々個性があるんだね
いぬくん
そうそう、かぶってるサービスもあるけど自分に必要なサービスを提供している会社へ申し込むのが一番いいね
ねこくん
よし、またたびを提供してくれるサービスはないかなー
いぬくん
・・・・・・

 

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③

 

 

学生がお金を借りる方法、申込~審査までに知っておきたい・準備しておきたいモノ

申込準備をする女性

学生がお金を借りる方法は、以下4つの方法があります。(学生が使いやすい順番に並んでいます)

1.カードローン(学生ローン)
2.クレジットカード(キャッシング)
3.バンドルカード
4.奨学金

学生がお金を借りたい理由は様々だと思います。

飲みに行くお金、スマホ代、就活、遊びのお金、服のお金など色々です。

ただし、お金を借りるにはどこかでも良いわけではなく、あなたの状況に合った所から
お金を借りないと、お金が足りなくなったり、期限までに返済できなかったりと大変です。

ここではお金を借りる4つの方法の紹介、および、それぞれのメリット・デメリットを挙げていきますので、あなたの状況にあった最適な方法でお金を借りて下さいね。

まずは1番柔軟性の高いカードローン(学生ローン)からです。

 

カードローン(学生ローン)でお金を借りる方法とは?

学生でもあっても、以下2点を満たせば無担保・保証人なし(誰にもばれない)でお金を借りる事ができるのです。

①満20歳以上
②アルバイトなど継続して収入がある

そんなに難しいハードルではないのです。
有名な所では、プロミス・アイフルといった所ですね。

ちなみに、当サイトではプロミスが学生の方の一番人気です。
→公式HPには特に学生ローンとは書いてませんが、通常のフリーローンへ申込む形です。

そういったカードローンでお金を融資してもらうには、プロミスやアイフルなどの会社にお金を借りる申し込みをして、その会社の審査(お金を貸してもいいか?の調査)を通過しなくてはいけません。

これは学生でも社会人でもみんな同じ手続きとなります。
(学生だからと言って免除されるわけではないです)

その代わりに各会社の審査を通過すれば、早ければすぐにお金を貸してくれるのです。
なので、審査には何が何でも通過してください!

審査通過のポイントは安定した収入と個人信用情報です。

冒頭に書いてますが、学生でも地道にアルバイトをして安定した収入があり、クレジットカードの延滞がないなど個人情報がきれいであれば、審査を通過できる可能性が非常に高いです。

クレジットカードの延滞はどうしようもないですが、バイトしていない学生はすぐに見つけてください。
バイトをしていないとまず審査通過できないので…

→学生でも借りれる人気カードローン(学生ローン)を見る

 

カードローン(学生ローン)でお金を借りるメリット

学生がカードローンでお金を借りる大きなメリットは以下の3つです!

①すぐにお金を借りる事ができる(最短当日も可能)
②親ばれしないなど、内緒でお金を借りることが可能
③借りたお金は使用用途が限定されない

一番大きなメリットとはやはり、申し込んだ当日でもお金を借りられる点です。
お金はなぜか急に必要になるので、すぐに借りれるのはすごいメリットですね。

他の方法は申込当日にはお金借りれません…

また学生の中には、こっそり借りたい方もいると思いますが、カードローン(学生ローン)を取り扱っている各社ともスマホで申し込みから借り入れ(コンビニ・銀行)までできるのでこっそり借りれる様になっています!

あとはやはりお金の自由度が違います、借りたお金は何にでもつかってOKな点です。
お金を借りる方法によっては使用用途が決まっているものがありますが、カードローン(学生ローン)は買い物、遊び、勉強、などすべて大丈夫です。

といっても、学生で収入が潤沢にあるとは限らないので、計画的に利用しましょう。

 

カードローン(学生ローン)でお金を借りるデメリット

残念ながら発生するデメリットも3つあります。

①何と言っても毎月一定の金額を返済しなくてはいけない
②利息分も返済する必要がある
③アルバイトを簡単にやめられない

 

すべて返済に関わるとこですが、毎月一定額を返済するのは意外とストレスです。
利息もついてくるので、意外と負担が大きく感じる時があるので注意です。

完済するまでは返済し続ける必要があるので、アルバイトを辞めたくてもやめにくくなるのでこの点もデメリットであると思います。

ただし、うまく使えばこのカードローン(学生ローン)は利用限度枠内であればなんどでも繰り返し利用する事ができるので、学生生活をさらに充実させる事ができると思います。

次にクレジットカードのキャッシングについてです…

 

クレジットカードのキャッシング機能(お金を借りる事)とは?

クレジットカードのキャッシング機能というものは、クレジットカードでATMなどからお金を借りることができる機能なのです!
知ってました?('ω')ノ

クレジットカードを持っている学生は、まずそのカードにキャッシングの機能がついているかどうか確認しましょう!

通常はクレジットカードの申込時にキャッシングの欄があるのですが、特に不必要と記入した覚えがないのであれば、最低額のキャッシング枠がついていると思います。

キャッシング枠=借り入れ限度額

もし、キャッシング枠があるかどうかわからないなら、カード会社に連絡して確認してみましょう!

キャッシング枠がなければ後から申請もできるので、付けたい学生はその旨をカード会社へ連絡してくださいね。

キャッシング機能がついているクレジットカードを持っている学生なら、そのままATMでお金をかりる事ができます。

突然現金が必要になったけど所持金がないという時などにはとても便利な機能です。

クレジットカードのキャッシングの最高額(枠)はクレジットカードを作るときに審査がかけられて金額が決められます。

ただ、キャッシングを使うことで簡単にお金を借りることが出来るようにはなるのですが、その代わりに金利が発生するようになります。

クレジットカード会社によっても金利がどれくらいになるものかというのが変わりますので、確認しておいてください。

支払い方法も一回払いやリボ払いなど選び方も様々ですので、どのように支払うのかも考えながらクレジットカードのキャッシング機能を使うようにすることが何よりも大切になります。

ただし、学生の方は「リボ払い」は絶対やっちゃだめです!
これだけは覚えておいてくださいね。

 

クレジットカードのキャッシングでお金を借りるメリット

クレジットカードのキャッシングはクレジットカードならでは便利さがあります!

①なんと言っても高い利便性
②借りたお金の利用制限がない
③コンビニ等で借り入れ・返済が可能

キャッシングはなんと言っても、クレジットカード会員なら利用に際して特別な手続きがないという点につきます。

クレジットカードにはショッピングで利用できる金額とキャッシングで利用できる金額を合わせてすでに利用限度額が設定されています。

なので、すでにクレジットカード会員である学生なら利用限度額を上限に特別な審査なしで借入できます!!

書類記入や審査もないので必要なときにいつでも自由に借りられて便利です。

もちろん、クレジットカードのキャッシングは利用制限のなフリーローンです。
借りたお金の使い道に制限がなく自由なのでレジャーや交際費に使ってもOKです。

ほとんどのクレジットカードでは借り入れ・返済手続きが提携ATM(コンビニなど)で完結します。

コンビニならいつでもキャッシングすることが出来るので、自分の時間に合わせて借りることが出来ます。

直接カード会社と会って借りるわけではないため、借りやすさがありますし、給料まで足りないからという後ろめたさを感じることもないので、ストレスの軽減になりますね。

 

クレジットカードのキャッシングでお金を借りるデメリット

クレジットカードのキャッシング機能のデメリットももちろんあるので、お金を借りようとしている方は是非確認してくださいね。

①まずショッピング機能よりも高い「手数料」
②借りた初日から金利が発生する
③ポイント還元やキャッシュバックがない

クレジットカード会社にもよるのですが、ショッピング機能は「2回払いまでは手数料無料」だったりします。

対して、キャッシング機能の場合は「借入初日から金利が適用」されているので、なにがあっても借り入れ金額+利息を返済する必要があります。

ちなみに、最初に紹介したカードローン(学生ローン)は業者によりますが、最初の30日間は無利息などのキャンペーンがあったりしますが、クレジットカードのキャッシングにはそういったものがないのです(>_<)

あとはクレジットカードならではですがキャッシング機能には、「ポイント還元やキャッシュバックがない」ので注意です!
また、キャッシング機能を利用しても、マイルが貯まることもありません。

もし遅延や滞納をしてしまった場合、キャッシング枠に悪影響を及ぼすだけではなくショッピング枠も減らされるので注意して下さいね。

 

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違い

カードローンとクレジットカードのキャッシング機能は、同じように考えている人も多いとは思います。
確かに、お金を借りることに関しては同じかもしれません。

もともとは、カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いには、「返済方法」にありました。
カードローンは分割払いで、キャッシングは翌月一括払いしかできませんでした。

現在ではクレジットカードのキャッシングでもリボ払いできるようになり、あまり差がなくなっている事も事実です。

ですが、ここで大きく言っておきたいのは、返済方法よりも即日のカード発効の部分です!

即日にカード発効できるのは「カードローン(学生ローン)」という事です。
という事は、カードローン(学生ローン)であれば、即日申込、即日借り入れも可能という点、ここが大きな違いです!

クレジットカードはまず即日発効はできません。
早くても5日間くらいはかかるのではないでしょうか?

金利については、金額が大きく(100万以上)なればカードローン(学生ローン)のほうがお得になってくる形です。

なので、学生の皆さんは自分の状況に合わせて、カードローン(学生ローン)なのか、クレジットカードのキャッシングなのかを選択してくださいね。

カードローン(学生ローン)・キャッシングの返済について何回も言いますが、返済時に「リボ払い」は選択してはだめです。
金利地獄になりますよ…

 

 バンドルカードとは?

バンドルカードとは、Visa加盟店で使うVisaプリペイドカードのことで、アプリ(バーチャルカード)で利用できます(カードの発行も可)。

プリペイドカードのため、金額をチャージしてから使います。

クレジットカードではないため、審査や年齢制限がなく誰でも作ることができ学生など若い人を中心にしてその利用者が増えています。

ポイントは1点、基本は前払い式になっていますが、「ポチっとチャージ」を利用すると、チャージした金額を後払いで支払うことができるという特徴です!

審査なしで「後払いできる」ってすごいですよ、これ!!

今は全くお金がない状態でもバンドルカードにお金をチャージできるって事なので…

通常プリペイドカード(EDYなど)はチャージする際にお金がないとチャージできないようになっているのが普通ですがバンドルカードは全くお金がなくてもカードにチャージできるんです。

これのおかげでカード決済がしたくてもできなかった人も気軽にカード決済できるようになりました。

なので、これがあれば今はお金がない状態でも問題なく買い物が可能になります。

その代わり、ポチっとチャージでチャージしたお金は、手数料と一緒に翌月末までにコンビニなどできちんと支払いましょう!

 

バンドルカードのメリット

バンドルカードでの換金には以下の2つのメリットがあります。

①現金が不要
現金が無くても買い物ができ、クレジットカード払いと同様に決済できます。

②金利の発生が無
翌月に支払えば、カードローンのような金利を取られることがありません。

バンドルカードでお金を借りるメリットはどうしてもすぐにお金をすぐに用意したい時にすぐにお金をチャージできる点です。

しかも、審査も全くないので、今すぐにでもお金を用意したい時に審査落ちして借りれないという事もないです。

消費者金融からお金を借りる時は絶対に審査は避けては通れないですが、バンドルカードでお金を借りればその心配はなくて誰でもお金をチャージして買い物する事ができます。

また消費者金融みたいにお金を借りたからといって何かやましい事をしている気分にならないのも良いです。

消費者金融からお金を借りた時は家族にバレるリスクもありますがバンドルカードならその心配もないです。

少し前まで、AmazonでAmazonギフト券Eメールタイプを購入して、それをAmazonギフト券買取専門サイト
で売れば現金化する事も可能だったのですが、現在は規約で禁止されているので注意ください。

 

 バンドルカードのデメリット

バンドルカードは以下デメリットに注意が必要です。

①一度に借りれる金額は2万円まで
②「ポチっとチャージ」の場合、手数料の負担
③バンドルカードでお金を借りた時は借りた翌月には返済しないといけない

バンドルカードでお金を借りるデメリットはここは一度に借りれる金額は2万円までが限度というのがあります。
なので2万円よりも多くの金額を借りたいと思った時に用意できないのです。

そしてバンドルカードでお金を借りる時は手数料が発生します。
この手数料というのが消費者金融などの利息よりも高いのがかなりのデメリットになるのです…

学生が奨学金でお金を借りる時のメリット・デメリット

奨学金でお金を借りるメリット・デメリット

奨学金を借りる時に一番注意すべき点は、お金を借りたい時にいつでも申し込んで借りれるわけではないという点です!

具体的に書いていくと…
①奨学金は学費に使う事になるので、毎年4月~6月(学校によって多少前後あり)の間に奨学金を申込む必要あります。
この申込時期を逃すと借りれないので注意が必要です。

②申込が終わると審査となるわけですが、奨学金の審査は一般的な学生ローンと異なり、在学中の成績・卒業資格が主な審査基準となります。
ちなみに世帯年収が高ければ申し込めないので世帯年収の確認も忘れずにしておきましょう。

参考までに多くの学生が狙う第一種(無利息)の奨学金は、世帯年収650万円以下(目安です)が対象になります。

③学部によっては奨学金だけでは不足している場合もあるので、事前に奨学金で借入できる金額を算出しておき、不足するのであれば他からもお金を借りる準備をしておきましょう。

細かい部分はまだまだありますが、まずは上記3点の確認をしてから奨学金へ申込ましょう。
なので、奨学金でお金を借りる場合は計画を(早ければ高校在学中から申込)立てて借りる必要があります。

年々利用する方が増えており、今はなんと学生の50%が奨学金を借りているという事です。
奨学金もかなり一般的になりましたね。

さて、奨学金を借りたなら、あたりまえですが借りたお金を返済する必要が出てきます。
名前で勘違いするかもですが、奨学金も学生のあなたに対するお金の貸与制度なので「学生ローン」と同じなのです。

そこで奨学金の返済はどういう点に注意すべきかをまとました。

奨学金の特徴は実際の返済は卒業後からが大半なのです。
卒業後からの返済なので実際問題として、少しくらいなら奨学金の返済を延滞しても良いと考えている方がいるもいますがそれは間違いです。  (奨学金もあなたの未来の信用を元にした借金となります)

ですので、延滞するとあなたの信用にキズが付くので注意が必要です。
奨学金の返済は学校を卒業してから始まるのでピンとこないかもしれませんが、奨学金を借りる時は肝に銘じておきましょう。

尚、学生が使える奨学金はご存知の通り2種類ありますよね。

1.第一種奨学金(無利息)
2.第二種奨学金(利息付)

ざくっと言えば、第一種は学力が平均(偏差値)がよい場合借りれて、平均値であれば第二種での借り入れとなります。

いずれもお金を借りれる時期が決まっているので

現状、大学・短大に通う2人に1人は奨学金を借りていると言われていますが、奨学金を借りている方はできれば学生時代から奨学金を返す貯蓄をしておくことをおすすめします。

それでも、一時的にお金が足りない場合は学生ローンでお金を借りるのはいいと思いますが、短期で返済することは絶対です。

特に30日無利息期間がある消費者金融(学生ローン)で借りておいて、その30日の間に返済を完了するのがベストです。

その他注意事項など奨学金については前に書いた記事、「奨学金と学生ローンで同時にお金を借りる場合の借り方と注意点まとめ」にてまとめていますので一度読んでみてください。

学生でも社会福祉協議会から学費のお金を借りる事ができます

あてにしていた日本学生支援機構等の奨学金の審査を通過しなかった…

そんな時は各都道府県の市役所・区役所にある社会福祉協議会から教育支援資金と就学支度費の2種類のお金を借りる事ができます。

①教育支援資金:
学生が高等学校、大学又は高等専門学校に進学するために必要なお金

・借りられる金額(月額)
<高校>月/3.5万円以内
<高専>月/6万円以内
<短大>月/6万円以内
<大学>月/6.5万円以内

②就学支度費:高校、大学又は高等専門学校の入学金

・借りられる金額(入学時のみ)
<入学金> 50万円まで

もちろんこれは学生なら誰でもお金を借りられる訳ではありません。
次の世帯の学生が対象になります。

・低所得者世帯:どうしても他からお金を借りる事出来ない世帯

・障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ世帯

・高齢者世帯:65歳以上の高齢者の世帯

※連帯保証人がいると金利「0」でお金を借りる事が出来ます、いなくとも金利が年1.5%つきますがお金を借りれます

一点注意ですが、公的機関のため即日の融資等は実施されていませんので出来るだけ早めに申込みましょう。(少なくとも1ヶ月はみておきましょう)

都道府県社会福祉協議会 問い合わせ先

 

学生のカードローンの選び方

学生がお金を借りる時、審査に向け身分証明など色々と準備が必要です。
もちろん審査を無事に通過させる為の準備なのですが、学生の場合は一般的な社会人と条件が異なるので、学生がお金を借りる為に前もって確認しておくべきポイントと実際の申込には何に気を付けて記入すべきなのか? この2点をそれぞれわかりやすく紹介します。

学生がお金を借りる会社を選ぶ時のチェックポイント学生がお金を借りる前にチェックする3ポイント

①学生でも借りられるか?
基本的には、大学生・専門学校生など就学中でも20歳以上でアルバイト・パートを少しでもしていればお金を借りる事が出来ます、ただし、一部銀行系のカードローン会社は「親の同意書」が必要になる場合もありますので確認しましょう。
(当サイトで紹介しているカードローンはすべて学生でも安心して借りる事が出来ます)

②親、家族バレ・学校バレしないか?
学生ならこのポイントが一番気になると思いますが、実は一番ばれるポイントは在籍確認ではなく学生ローン会社からの「郵送物」なのです。
なので、当サイトで紹介している学生ローンは明細・キャッシングカードなど「郵送物」をなくすサービスを実施している所だけ選んで紹介しています。
後、学校バレを防ぐ為、身分証明に学生証の提示が必要な所は避けましょう。

③即日融資を受けられ、返済も簡単か?
学生でも就活・ゼミなどが始まると非常に忙しくなるので、窓口や電話せずともスマホだけで申込~返済まで出来る会社を選びましょう。当サイトで紹介している会社はスマホアプリがあり非常に便利です。

スマホでお金を借りる申込みをする女の子

 

☆申込み時に注意すべき3つのポイント

①アルバイト先の会社名を調べておきましょう
いわゆる屋号(呼び名)ではなく、株式会社~・有限会社~など正式名称が必要です、意外と知らないので申込む前に確認しておくとスムーズに申し込めます。

②アルバイトをして1年未満の学生の方は、年収部分は1ヶ月分の給料を12倍して記入しましょう
ちなみにバイトしていないのに嘘をついて借りた場合、嘘がばれるとブラックになるので絶対にやめておきましょう。

③保険証区分を確認しましょう
20歳以上の学生ならまず「国民健康保険」と思いますが、念のため自分の保険証を確認して下さい。

尚、他の市区町村で一人暮らしをしている学生はもしかすると、「遠隔地被保険者証」「国民健康保険学生用保険証」「マル学・マル学保険証」などの保険証をお持ちかもしれませんが、これら保険証も「国民健康保険」からの派生なので「国民健康保険」を選んでおきましょう。

☆審査に向けて注意すべき3つのポイント
①嘘の情報は記入しない事、もちろん他社借入れなどもキチンと記入して下さいね。金融機関はその様な情報はきっちり連携しているので、嘘を書くとばれてしまいますよ!
へたをすれば申込みブラックとなりますので注意してください。
(申込ブラック:申込自体が出来なくなる事)

②連絡がきちんととれる電話番号を記入する事(固定電話がなくともスマホ・携帯で大丈夫です)
書類だけで審査通過すれば問題はないのですが、不明点がある場合は学生ローン・キャッシング会社から電話やメールで連絡がきますので連絡が取れる電話番号を登録しておきましょう

③借入れ金額は10万円までにする事
学生は50万円等いきなり借入れできません。
基本的に学生は収入が少ないですし、そもそも学生がなぜその様な大きなお金が必要なのか?と言う事で問い合わせがくるので、審査に向けてお金の借入額は10万円までにしておきましょう。

Twitter(ツイッター)やインスタグラムなどのSNS「個人融資」には絶対手を出さない!

これ、被害を受けた学生の方が最近めちゃくちゃ増えてます!
なんでかって言うと、純粋に闇金だからです。

貸金業は金融庁からの承認が必要で、承認を受けた会社から借りるからこそ色々な法律で守られるんです。

闇金はその枠からはみ出ている存在で、金利の上限、取り立て、個人情報の管理などなど法律を一切無視して運営されています。

その代わり審査は非常に甘く、誰でも借りれるのが特徴です。

借りれると書いてしまいましたが、実態は個人情報だけ取られて借りれない方も多数います。
特にSNS系は情報だけ抜かれるパターンが多いように思います。

その情報でどうするかと言うと、なりすましでカードローンへ申し込み、上限まで借りて逃げるとかです。
もちろん、請求は情報を抜かれた人へ行きます。

借りれたとしても、法外な金利で返済ができなかったり、さらに闇金からの借り入れを強要されたりするので、絶対にSNSや闇金から借りてはいけません。

なので、安全・安心にお金を借りる為にも大手のカードローン・消費者金融からお金借りるのは正解なのです。

学生がお金を借りる際、即日に審査通過させるにはアルバイトをしておく必要があるワケ

学生であっても20歳を超えていればお金を借りれますが(たまに未成年でも借りれると書いてあるHPもありますがほぼ嘘なので注意)、一つ条件があります。

それは定期的な収入が必要と言う点です。

これは必須です! なので、バイトをしていない学生は今すぐにバイトに行きましょう!まずは定期的に収入を確保している事実が重要なのでとりえずのド短期バイトでもOKです。

管理人も学生の時カードローンでお金を借りていたのですが、遊園地でバイトしていたおかげで即日審査に通ってお金が借りれたんだと思ってます。

ちなみに審査を通過しなかった場合は、もう一つ即日にお金を借りる方法まとめた、学生ローンで即日にお金を借りる方法を読んでみてください。

尚、当時バイトしていない友達がカードローンでは借りれない為、友達からお金を借りていたのですが案の定、早くお金返して、少し待ってくれと言う事になり揉めに揉めた記憶があります。

出来る限りお金の貸し借りは友達関係には持ち込まないほうが良いですよ!

学生の派遣アルバイトについて

学生アルバイトの中に登録制の派遣アルバイトがあります。

特にイベント系の単発のお仕事が多いのですが、継続してアルバイト収入があれば学生でも問題なくお金を借りることができます。

ただし少し注意が必要なのは、継続して仕事(バイト)をしていないと審査に通らない場合あるということです。
では、どれくらい仕事していたらお金を借りることができるのか? と言う話なのですが、これは各カードローン会社によって基準が色々できっちり決まっているわけではありません。

ちなみに在籍確認は「派遣元」にかかるので、派遣先(バイト先)には電話はかかりませんのでばれずにお金を借りる事ができます。

そういった在籍確認を含め派遣のアルバイトなどの仕事をしている時、どの様にしてお金を借りるのかを「派遣アルバイト・社員がカードローンお金を借りる方法」でまとめていますので派遣アルバイトに登録している学生の方は確認してみてください。

学生がお金を借りる時、親ばれ・友人・先生ばれをしないで誰にも知られずにお金を借りたい

私もそうだったのですが「学生」で消費者金融からお金を借りる(キャッシングする)となると、なんとなく「恥ずかしい」イメージがあって出来る限り絶対に誰にも知られたくない!っと言うのが学生も皆さんの本音かと思います。

昔は在籍確認の電話や、キャッシングカード・利用明細の郵便があったりして、ばれない為に電話の前や郵便ポストの前で待ち構えて対応していたという涙ぐましい努力があったのですが、今は「スマホ」が出てきたおかげで様々なサービスが展開され、電話の確認や郵便物がなくとも借りれるサービス(カードローン会社・消費者金融・キャッシング会社)が色々と出てきています。

学生でも「プロミス・アイフル・はじめてのアコム・SMBCモビット」などがこっそり借りれるサービスを展開しています。
※満20歳以上で定期的な収入と返済能力がある方で各社の基準を満たす方

こっそりとお金は借りれますが各会社とも在籍確認はきっちりやってます。
「Web完結申込であれば電話確認なし」になるSMBCモビットなどは給与明細から確認をしていますし、その他の学生ローンでも個人名で電話をしてきたりとはっきりってまったく気づきません。

なので、「学生」であっても「スマホ」があれば比較的簡単に親・家族・友人・先生などに「ばれない」様こっそりお金を借りる事が可能です。

と言っても、基本は「学生」であっても安定・継続した収入がある事が前提で各消費者金融(カードローン会社)は融資の審査をするので、審査を通過させる為にもまずはきっちりとアルバイトを実施して安定した収入源を作っておく必要があります。

審査基準の説明はこちら

審査に向け時間があれば、クレジットカードでの「クレジットヒストリー」を少しでも良いので作っておきましょう。

「クレジットヒストリー」:クレジットカードで購入・返済した履歴、個人信用の基礎となります、この様な情報は各金融機関で連携し情報共有しています。

これはなぜかと言うと、統計的にきれいに利用している(延滞がない)方は焦げ付く確率が低いと言う分析があり、審査申込みした時には必ず確認される項目と言っても良いと思います。

学生でクレジットカードを持っていない場合、もちろん確認する事は出来ないので審査としてはニュートラルで処理されますが、持っていてきれいに利用している場合は「+」要素となり、こっそり借りやすくなってきます。

学生がクレジットカードを持っている場合 大学生・専門学校・フリーターでクレジットカードを持っている場合

クレジットカードを持っていればそのクレジットカードでキャッシング(お金を借りれる)できる場合があるのでカードローンでお金を借りる前に確認するのもありです。(そんなにたくさんは借りれませんが…)
→各クレジットカード会社にTELすれば教えてくれます

※未成年(高校生除く)であってもこの機能がついていればキャッシングできます。
→キャッシング機能は未成年の場合、申込時に親の同意がないとつけられないので、キャッシングの機能があればすでに親の同意は取れているって事です。

まだクレジットカードを持っていない「学生」は何かしらクレジットカードを持った方が良いかと思います、このクレジットヒストリーは少しずつ信用を積み重ねていくものになりますので、社会人になって車を買う・家を買う時にも必要になりますし、フィンテック時代に向け必要不可欠なものになってくると思います。今では年会費無料のカードもたくさんあるので一度検討してみて下さい。

いずれにせよ「学生」がこっそり親にばれない様にお金を借りたい(キャッシング)したい場合。まずは安定したバイトをしっかり行う(出来れば月10万以上が望ましいです)のが必要です。

オマケで、キレイなクレジットヒストリーがあれば完璧です!

「学生」の間は色々とお金に厳しい時期もあると思いますが、無理のない範囲で借入れをして充実したキャンバスライフを過ごしましょう。

■学生がお金を借りる時できるだけ低金利で借りたい

どこでお金をお借りるか調べていると、会社によって様々な金利設定がある事に気づくかと思います。
銀行系のカードローンなどは少し低めになっていますが、その分審査が厳しいと言われており学生の収入ではなかなか審査を通過しないのが現状です。

なので、学生なら以下2つの理由で消費者金融(学生ローン)からの借り入れをおすすめしています。

①消費者金融の学生ローンが銀行に比べ学生への融資実績が十分にある(大元は銀行ですが…)
②学生でもはじめてお金を借りるなら30日間の無利息期間があり、銀行系より低金利でお金を借りる事ができる!

※学生がお金を低金利で借りるポイント

消費者金融系の学生ローンならではのサービス「30日間無利息」を有効活用する!
30日間無利息で学生が使いやすいのはこのサイトでも1番人気になっているプロミスなので、一度学生用の公式HPを確認してみてください→プロミス (学生用)

どの様に金利が決まるのか?
消費者金融の学生ローンでもある程度金利の幅はありますが、おおよそ4.5%~18%の間で設定されています。

実際に借りる時、少しでも低金利で借りたい所ですが残念ながらこれは自分では決める事は出来ず、あなたの借入れ限度額より金利が決定されるのです。

もちろん、申込み当初から最大の借入れが出来れば良いのですがそうは行きません。
借入額は学生の場合、初回契約は10万円が限界とみておきましょう。

そこで金利はどうなるかと言うと少額の場合は金利が高く設定されており、限度額(信用度が上がる)が上がると金利は低くなっていきます。(最低金利は限度額が最大になった時と思ってください)

そうすると、まずどの学生が借りれるカードローンでも最大の金利が適用される事になります。

そこからキチンと返済し、信用を積み重ねていけば限度額の枠を広げてくれます。
その限度額の枠が広がると同時に、限度額に応じた金利が適用される事になるのです。
(この限度額と金利の関係はあまり公開されていないのが実情です)

金利が低くなるのをじっと待つのも悪くはないですが、そんなこ事をしていると学生生活が終わってしましますね(笑)

ですので、学生でもお金を借りられる消費者金融系の初期の金利はほぼ変わらないため、金利よりもあなたの状況に応じた学生ローンでお金を借りて30日間無利息を有効活用するのがおすすめになるのです。

学生の借入限度額について(総量規制)

当サイトでは学生の場合、審査通過をさせる為に借入の上限は10万円程度にしておきましょうと書いてますが、どうしても10万円以上お金を借りたい時ってありますよね?

そんな時はカードローン会社へ電話して相談することになります。
50万円くらいならアルバイトでの収入にもよりますが、相談にのってくれると思います。

ただし、タイトルで書いた様に消費者金融・銀行系のカードローンともに「総量規制」という国が決めたルールがあり、収入の1/3以上はお金を融資できないのです。

(厳密に言うと銀行は自主規制ですが…)

複数から借りても合算されるので注意が必要です。

貸し倒れが多くて強盗などの事件が頻発した為の制度なんですが…逆に闇金に手を出す人が増えてしまっているような…

いずれにしても、50万円お金を借りたい学生の場合は150万円以上の収入が必要になるのです。
10万円以上借りたい学生はこのルールを考えながら上限額を決めていくのをおすすめします。

学生がお金を借りた時のおすすめ返済方法について

学生の返済方法は「随時返済」これ一択です。
その名の通りお金がある時、随時返済して行く方法です。

もちろん、月一回の最低額を返済する必要はありますが、お金がある時はその最低額+1,000でも良いので上乗せというか、随時返済で多めに返済する事をおすすめします。

■「随時返済」にメリットは以下の3つです
・お金がある時に返済ができる! 社会人と違って学生は安定収入がないのである時に払っておきましょう
・「最低返済額+随時返済分」上乗せで、支払い回数を減らして金利分のお金を抑える事ができます
・1,000円でも上乗せ随時返済を続けると支払い回数を減らす事ができます

参考までに20万円借り入れすると、毎月約8,000円前後(最低額)の返済で、支払い回数は25回にもなってくるので在学中はずっと返済を続ける事になるのでおすすめできません。

そこで、少し余裕がある月は1,000円でもいいので、上乗せというか随時返済で多めに返済していけば12-20回くらいで返済が完了するので、精神安定面でもいいと思います。
学生時代に返済が完了している方はほぼこの随時返済をやっている感じです。

なので、大手カードローン(消費者金融)や銀行からお金を借りる時、随時返済はもちろん返済方法が充実しているカードローンでお金を借りる事をおすすめします。

具体的には以下6個の方法でお金を返済する所から借りるのがいいです。

①ネット(スマホから)返済
②各社専用のATM(いわゆる無人機ですね)
③各コンビニのATM
④銀行振込
⑤口座引落
⑥店頭行って返済

学生ならダントツでネット返済が便利です!
色々と返済方法が選べる所でお金を借りた方が、気軽に返済できるので非常に便利で大きなメリットになります。

なぜかと言うと、返済方法が限定されると(たとえば店頭だけなど)返済するタイミングが遅れて、本来なら払う必要のない利息まで支払う事になる場合もあるので、返済方法をどれだけ選べるかも実は重要なのです。

もちろんお金を借りるのも重要なのですが、学生の方は返済もセットで考える様にしましょう。

ここで紹介しているプロミスなどのカードローンはいずれも上記6つの返済方法に対応していますので、あなたにあったお金の返済方法を選択する事ができます。

 

返済時の振込み手数料について

学生でもお金を借りた時、少額なら一括返済出来ると思いますが通常は皆さん複数回に分けて返済すると思います。
その際、学生なら特に出来るだけATMの振込み手数料が「かからない・無料」な方法で返済しましょう!

なぜかと言うと3万円未満の振込みとしても一般的に216円も手数料がかかるんですね。
参考:三井住友銀行 振込み手数料一覧

なので、5万円お金を借りたとして5回に分けて返済すると216円×5=1,080円も振込み手数料がかかってしまうんです。
ちなみに金利は年利18%とすると1ヶ月の利息は739円。

手数料をずっと払うとすると、1ヶ月の金利より多い1,080円も無駄なお金を使っている事になります。
何もせずに1ヶ月の金利より高いお金を使うのって非常にもったいない話になります!

振込むだけでお金を取られるって…
学生なら死活問題です。

ですので、学生さんだとあまりこの返済手数料を気にする方は少ないと思うので、出来るだけ振込み手数料がかからない方法で返済できるカードローン・消費者金融を選びましょう。

ちなみにプロミス・アコム・アイフル3つとも専用ATMからだと手数料無料になります。

専用ATMが近くにない学生の方は、あなたが持っている銀行で振込み手数料がかからない銀行から振込みをする様にしましょう(新生、楽天、ソニー銀行などネット銀行がそういった振込み手数料無料のサービスが充実しています)

 

卒業時に全額返済する必要はありません

学生ローンなので卒業と同時に借りたお金を全額返済する必要があるのかどうか? といった問い合わせをよく受けるのですが、卒業したからと言って借りている残金を全額返済しなくとも大丈夫です。

在学中と同じくまったりと返済していけます。
必要であれば学生ローンといいながら卒業してからも限度額内なら追加でお金を借りることもできます。

ちなみに卒業して社会人になったのであれば返済のスピードは少しあげてもいいと思いますよ!

学生が土日でも即日にお金を借りたい場合は?

就活・付き合いなどでお金を借りようとしたら土日だった orz なんてこともあると思います。
でも大丈夫です、そんな時でも即日に借りられる方法があります。

ここで学生向けに紹介している学生ローン(消費者金融)は借り方を少し変えれば土日でも即日に借りる事が可能なのです。

プロミスの公式HPのに書いている最短1時間も可能なんてのもその一つですね)

もちろん平日の様にすべてスマホで完結とはいきませんが、無人契約機を利用すれば土日でも22時までなら即日に借入れできる所もありますので、土日であっても諦めなくとも大丈夫です。

詳しくは「土日でも今日借りたい」で書いていますので「土日でも即日にお金を借りたい」学生さんは一度チェックしてみて下さい。

カードローン会社やキャッシングよりも親とか友達にお金を借りた方が良い?

結論から書くと、親に借りるのは金額・回数によりけりですが概ねOKです、しかし、友達からお金を借りるのは絶対にやめるべきです。

管理人の学生時代にも友達からお金を借りていた友人がいましたが、やはり早く返せ、少し待ってくれと言う話になり揉めに揉めた記憶があります。
やはり、お金の貸し借りは友達関係には持ち込まないほうが吉です。

親についても冒頭では概ねOKとしてありますが、さすがに毎月3万円とか今までの追加で借りた金額が30万円越えているとかなるとさすがに追加で融資は頼みにくくなると思います。

当サイトでは学生の皆さんへのヒアリングより、お金が足りない場合は基本的にカードローン会社や、キャッシング会社からお金を借りる事をお勧めしています。

なぜそうなったかの理由や、実際に借りる場合のポイントなどを「お金が足りない学生の方へ」にまとめていますので、親・友達に融資のお願いをしようとしている学生は是非一度見てください。

 

必要なお金が1万円位までならメルカリやヤフオクでお金を作るのもあり

1万円位ならメルカリ・ヤフオクや古本屋(BOOK OFF)にいらないものを売って現金をつくるのもありです!

昔は気軽に使えるのはヤフオク位だけで、使うにはヤフーIDを作ってクレジットカードの登録をして、色々の設定をしてと面倒だったのですが、今はスマホだけで出品(画像含む)~連絡~入金確認までできる「メルカリ」や「ラクマ」があるので手軽に不要なものを現金化できます。

出品手続きすら面倒な場合は、出品・発送・回収まですべてやってくれるCMでお馴染みの「セルクル」(これは本当に出品物を送るだけ!)があり、誰でも簡単に出品できる事ができる様になっているのでチャレンジしてみては如何でしょう?

洋服なんかも下記の様にGパンが5,000円位と以外と高値で売れたりするので、リスクもなく1万円程度ならすぐに売れるのでオススメです!

■メルカリ入札結果(SOLD)
メルカリオークション結果

 

後は、読み終わった本やCD・ゲームなども気軽に売れるので、一度自分の部屋をぐるっと見渡してみて下さい。
以外と売れるモノがあると思いますよ!

自分がいらないモノでも他の人は欲しいモノなので、これは売れないと言う先入観は捨てて探してみて下さいね。

 

学生がお金を借りる時Yahoo知恵袋は参考にならないかも?

なぜかと言うと、誰かが質問した内容の回答があなたの参考になるかといえば、それぞれの状況が違いすぎて参考にならないからです (>_<)

Yahoo知恵袋ではたくさんの学生が学生ローンでお金を借りるにあたり、お金の借り方・返済の仕方・延滞したときの処理の仕方など様々な質問をしています。

ただし、注意が必要なのがお金を借りるという点では同じなんだけど、お金を借りようとしている立場が千差万別でみんなあなたと異なる状況(バイトしている・していない・バイトで稼ぐ金額など…)だからです。

特にお金を借りる時の審査はバリバリの個人信用なので、色んな質問はありますが全くあなたと同じ立場であなたが疑問に思っている質問・回答があるかと言うとさすがにほとんどないのが事実です。

なので、きちんとあなたの立場での回答が欲しければ、あなた自身が知恵袋に書き込みすることをおすすめします!

といっても、ではすぐに書き込みってことにはならないと思わないので、以下の記事で他の学生
がどんな質問をしているのかをまとめましたので、一度確認してみてくださいね。

→学生がお金を借りる時のYahoo知恵袋の質問まとめ

学生がお金を借りる時の質問で知恵袋によく書かれている3つの重要ポイント

色んな質問があるのですが学生は以下の3点に集約されます。

①親ばれしないお金の借り方

②学生ローン・キャッシングでお金を借りる時、即日に審査を通過させる方法

③お金の返済が遅れる、延滞した場合どうなるのかを知りたい

中でも①と②が一番多いです。
学生ならだれでも気になるポイントだと思いますが、
この2つは知恵袋で調べるよりもまずは通常の検索で調べてどこから借りるか決めてから質問する事をおすすめします。

なぜかと言うと、学生でもお金を借りれるカードローン・学生ローンはたくさんあり、漠然と質問すると、ふわっとした(笑) 回答しか返ってこないからです。

業者選定から質問してもよいですが、回答者には責任がないので適切な回答ではなく、適当な回答がきてしまうおそれがあるのでまずは自分で調べる事をおすすめする次第です。

留学に向けてお金を借りたい

実は留学へ向けてお金を学生ローン・カードローンで借りる学生は意外と多いのです。

ここでのポイントは生活費を借りるというよりも、渡航費・生活用品など留学に向けて一時的にお金が足りなくなって学生ローン・カードローンでお金を借りているという点です。

もし、あなたが留学に向けて生活費を学生ローンで借りようとしているならそれはお勧めできません。

なぜかと言うと、生活費の準備が留学前にできていないとなると、留学してからもさらに借入が増えていきます。

留学は勉強をするのであってバイトが十分のできるとは考えにくいからです。
ましてや母国語でないとなるとなおさらで、生活費での借り入れがどんどん増えていく可能性が高く、
最終的に返済ができなくなるパターンになりかねません。

なので、学生が留学に向けてお金を借りる場合は準備の一時金までにしておきましょう。
生活費がない場合はできるだけ親族(笑)から借りて行きましょう。

学費の奨学金をもらっていない学生の場合

奨学金をまだもらってない学生は留学費用を奨学金として受け取ることができます!
詳しくは「留学費用を奨学金で借りる方法とは?」にまとめているので一度読んでみてくださいね。

逆に、通常の学費で奨学金をもらっている学生が留学をしたい場合は、できるだけ毎月の奨学金には手を付けず留学費用への積み立てにしてください。

奨学金とはいえ、完全なあなたの未来の借金なので、留学に行くからと言ってさらに学生ローンなどで借金を上乗せすると本当に首がまわらなくなる可能性が大きいです。
少額ですが金利もつくので…できるだけ借金は少ないに越した事はありません。

重要なので何度も言いますが、奨学金をもらっていて留学を希望する場合は、普段のバイト多めで奨学金は留学への積み立てとするように心がけましょう。

借りたお金を返済できないとどうなるのか?

万が一、どうやっても借りたお金を返せなくなった場合、最後は「債務整理」となります。

「債務整理」と言う言葉はあまり聞かないかもしれませんが、個人が借金を返済できない場合、法的にその債務(借金)をどうするかを決める方法の総称です。

良く知られる「自己破産」もこの「債務整理」の中の方法の一つで、その他に「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」などがあります。
処理の方法が色々あり、「債務整理」を実施する時の状況で決まってくるのですが、どの方法を取ったとしてもいわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。

「ブラックリスト」に一回載ってしまうと、その時より5-10年間いずれの金融機関からもお金の「借入れ」が出来なくなるのです。車を買いたいと思っても、家を買いたいと思っても、すべて現金で支払う必要が出てくるので非常に不便と言うか大変ですね。

さらによく知られてないのですが、この「債務整理」をするにはお金がかかります!「お金」がない時にさらにお金がかかると言う、まさに「泣きっ面に蜂」状態になります…
もちろん金融機関からお金は借りれませんので、親、親戚、友達などから必死に「債務整理」をする為にお金をかき集める場合が多いです。

そうならない為にも、「安心・安全」なカードローン・キャッシング会社から借り入れをして、計画的に返済をする事が大事なのです!

尚、返済が遅れてしまった場合はどの様な感じか簡単に書いておきます。

①返済日に何も連絡せずに引落しが出来なかった場合、まず次の日位には確認の電話がかかってきます。
単純に入金し忘れていたとかであれば、いつ入金できるかを言えばすぐに終わります。
出来れば2,3日以内に入金するのが望ましいです、ただし、給料日が1週間後でその時に払うと確約できるのであれば注意はされますが、大抵は大丈夫です。(何度も繰り返すと融資枠などが狭くなる可能性があります)

→約束の日にキチンと返済出来れば遅延の督促はここで完了します。

②次に上記で約束した日に入金・返済しない場合、1日に何度も電話がかかってくる様になります。
その電話を無視、返済を断り続け3ヶ月以上滞納してしまうと、ここでも「信用事故」いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。

③それでも返済を渋っていると、簡易裁判所から督促状がくる場合があります。
昔は担当者がお金の取り立で訪問していたりしましたが、最近は人件費や効率化の波であまりしない(ヤミ金は除く)傾向ですね。

そこで、裁判所からの督促状で法的手段へ移行するパターンが多い様です、これが届いた場合はすぐに行動(異議申し立て)をしましょう!無視していると差し押さえなどの強制執行もありますので要注意です。

ここで両者が協議を実施、折り合いのつく返済方法や分割の仕方などを改めて取り決めて行きます。
この協議でも返済できない、合意できない場合は冒頭で書いた「債務整理」となるのです、いずれも裁判費用もかかりますのでここまで来るまでにしっかり返済する方法を考えておきましょう。

学生ローンと一般的な消費者金融(キャッシング)との違い

よくご質問を頂くのが、タイトルにある様に学生ローン専門の会社とこのサイトで紹介している一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)の違いはなんですか?と言う質問です。
確かに違いが分かりにくいので、実際に大きく違いのある3点で分かりやすくまとめましたので学生の皆さんの参考になれば幸いです。

☆学生ローン専門と一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)との違い
①学生ローン専門の会社は融資の限度額がほぼ50万円以下(会社によっては10万円以下までの会社もありますので、あなたが借入れしたい金額によっては学生ローン専門の会社は使えない事になります)
②お金を借りるのに学生証+免許証や健康保険証が必要(一般的な消費者金融は学生証は必要ありません)
③追加の融資を依頼する時に再審査を実施する会社がある(利便性が悪いです)

その他としては、一般的な消費者金融より少し金利が安かったり(1%程度)、学生で親の同意があれば18歳からでも借りられる会社もあったりします。

もちろん、学生ローン専門の会社であっても消費者金融と同じく少なからずアルバイトをして収入がある状態でないと審査に通りませんので注意が必要です。

大きな違いとして3つあげましたが、実際に借りるまでの審査や借りてからの返済、追加の融資などの利便性を考えると学生ローン専門のメリットってあまりないんですよね…金利が少し安い位ですかね??
色々なサイトで、学生ローン専門の方が審査基準が甘いとは書いていますが、実際に検証した方はいないので本当かどうかも怪しいのが実情です。

当サイトも少し前までは学生ローン専用の紹介をしていましたが、審査が甘いとはとても思えなかったので一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)と同じと思った方が良いですね。

秘密と言う点からも学生証が必要な学生ローン専門は微妙ですね、学生証を提示すると言う事は一般的な消費者金融より多くの個人情報を渡している事になります。
もちろん、通常時は親バレ、学校バレはないと思いますし、様々なセキュリティ対策はしていると思いますが、万が一漏えいすると学校まですぐにばれてしまう事になります。有名な所では「JTB・ベネッセ」などまさか!っと思うような所からでも漏えいしていますので油断は出来ません。

なので、学生証の個人情報を開示しなくとも良い一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)の方が、よりセキュリティが高いとも考えられます。

さらに、一般的な消費者金融学生ローン(キャッシング)であれば30日間の金利無料サービスがあったり、限度額の中で審査なしに何度も借りたり返済が出来たり(様々な銀行に対応しています)、専用のアプリがあったりするので学生であっても非常に使いやすく、利便性が高い事も見逃せません。

以上の事から、当サイトとしては学生の方がお金を借りたい(キャッシング)場合は、一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)お勧めしています。

一般的な消費者金融学生ローン(キャッシング)お勧めランキングへ

ちなみに、学生ローン専門で有名な所では以下の会社がありますので、もし、学生ローン専門で借りようと思ったのであれば調べてみて下さい。
①有林堂
②マルイ
③アミーゴ
④カレッヂ
⑤イーキャンパス
念のため書いておきますが、学生ローンは学費以外の用途で使ってもOKですよ!(結構みなさん勘違いされています)
デート代、飲み代、旅費、服代などなんでも良かったりします。

就職活動で役に立つ「資格取得」にかかるお金を学生ローンで借りる

就職活動に向けて、資格を取得しようと思っている学生の方も多いと思います。

就活で役立つ資格はTOEICや簿記、MOSとなるのですが、これらは独学で取得するにはかなり難しく、やはり専用の教材や勉強が必要になります。

と言っても、1人暮らしなどをしていると資格取得に必要な教材・学校に行く費用を準備できなかったりする場合もあるかと思います。(私もそうだったので…)、もちろんそんな状態ではまず通りません。

2、3回受けるのもあると思いますが、学生時代の貴重な時間とがもったいないのできっちり準備をして受験をする事をお勧めします。

ではどの様にして、その資格取得にかかる費用を捻出するか?と言う事になりますが、大きくは以下の4つが考えられます。

①親ローン(出世払い?)
②ヤフオク!などのオークションでお金を稼ぐ

③銀行・消費者金融などからお金を借りる(キャッシングする)

学生ならなんとか、上記①・②でなんとかするのがベストです!

①、②が絶対に無理となってから初めて③の「銀行・消費者金融のカードローンでお金を借りる」事を考えましょう。

TOIECを始め、資格取得にかかる費用は5-10万円までが大半なので、学生でもアルバイトさえ出来ていれば無理なく借りる事が出来ると思いますので、当サイトの学生向けランキングを参考にして頂ければと思います。

学生でも投資の勉強(仮想通貨、株式投資、FXなど)

学生の間にぜひ投資の勉強はしておきましょう!
できれば、学生ローンで借りたお金を1万円でもいいので投資に回してみてください。
(借りたお金を速攻返済できるかもです)

管理人ももっと学生の時に投資の勉強をしておきべきだったと今更思ってます(笑)

なぜかと言うと、社会人になり働き出すと色々と投資の判断をする場面が自然と出てきます。
その時にあわてるとかなりの確率で失敗するんですよ。

ちなみに管理人の私もあまり勉強せずに株に手を出してさくっと200万くらいお金を溶かしました…orz
敗因はやはりまったく投資というものを勉強していなかったらかですね。
今思えばむちゃくちゃな投資をしていたなを反省しきりです。

私の話はさておき、学生が卒業してすぐに投資の判断を迫られる確率が高いのは上場企業を中心に展開されている「確定拠出年金(DC制度)」ですね。(もう3万社以上導入していると思います)

学生であれば「なにそれ?」という話になると思いますが、早い話が毎月少しずつ株式投資をして定年した時にもらえる年金を増やしていきましょう!という制度です。
ちなみにこれは国を挙げて推進しています。(厚生労働省の管轄ですね→確定拠出年金制度

いや、そんな年金って何年後よ?って話なんですが、これは公的年金が不足し、年金の支給開始年齢がますます引き上げられる事が想定ではなく規定路線になっているので、税制面で優遇するから各自で自衛してねってことで始まった制度なんです。(ざっくりとした説明です)

要は国が老後のお金の面倒見切れないので公的年金に頼らない自立した資産形成をしてくださいねってことなんですよね…

これは長期間にわたる投資なので非常に重要です。
失敗すればもちろん元金割れ(投資額より減ること)もするし、投資の勉強した人としていない人だと最終の受け取り額は軽く2-3千万変わってきます。

それだけ重要な判断になるのですが、学生時代に投資の勉強をしなかったとすると、投資する商品を見せられても自信をもって投資先を決める事はできないと思います(あとから変更はできますが…)

誰しも損はしたくないと思いますので、学生の間にビットコインなどの仮想通貨でもFXでも株式でもなんでもいいので勉強することをおすすめします。
(時間はかかりますがリスクの少ない投資方法なども実はあるのです)

実際にどのようにトレードするのか? どこに口座を開設すればよいのかなどを下記エントリーにまとめているので一度読んでみてください。
管理人が実際に試したトレード手法

 

 

■管理人コラム

まず学生はなにかとお金が必要になりますよね。
管理人もそうなのですが、学生の時は社会人より急にお金が必要になった感があります。

急遽、飲み会に誘われたり、遊びに行くことになったりと・・・
さらには最近では就活でお金が必要になったりと、お金が必要なシーンには事欠きません。

そういった時に限ってアルバイトをする時間がなかったりして「どうしても、あと少しだけ足りない」という場合があると思います。

そんな時に大きな額ではありませんが個人的にお世話になったのが無担保で、保証人の必要なくすぐに安心してこっそり借入出来るのが学生でも借りれるプロミスでした。
私も何件か借りましたが、一番丁寧に教えてくれたのを覚えています。
こういったソフト面のサービスが初めての方でも安心して借りれると言う評判になるのでしょうね。

もちろん、きちんと返済していれば親に連絡がいくようなこともありませんので、安心して利用できます。

いずれにせよまずは申し込まないと借りれませんね。

1万円からの少額融資もできるので、私の時代もそうだったのですがあなたが思ったより多くの学生がこっそり借入しています。

30日間無利息な部分も学生にはうれしいサービスです、詳細はプロミスの公式ページを見てください。

女性オペレーターで申込をしたい方はこちら
男性も利用できます

 

お金を借りたい学生がよく読んでいるページ

人気記事

学生がお金を借りる 1

  口座残高とか手持ちのお金がやばい時ってあせりませんか? ねこくんめっちゃあせる… そんな時、学生ローンでお金を借りるという方法があるんです。 その学生ローンを、学生アンケートで人気な順に ...

5000円をすぐに借りたい 2

5,000円を今日借りるには、保証人いらずで「スマホ」だけで簡単に申込めてすぐに借りれる「プロミス」か「アイフル」がおすすめです ねこくんねぇねぇいぬくん、 5,000円ってそんなに簡単に借りれるもん ...

派遣社員・派遣バイト・日雇い 3

派遣社員・日雇いでもお金をすぐ借りられるおすすめのカードローン・キャッシング 派遣社員・日雇いの様な派遣バイトはお金を借りれないと思っている方がいるかもですが、実は間違いで安定した収入があればお金を借 ...

-学生がお金を借りる方法

Copyright© 使って分かった!初めてお金を借りる方におすすめなカードローン・学生ローン・キャッシング , 2020 All Rights Reserved.